2017年11月16日

トミックスの新製品を鈴川絢子チャンネルで確認する

最近お気に入りのユーチューブチャンネルの一つが、「鈴川絢子チャンネル」です。

出演者は女芸人の鈴川絢子さんと息子のちっくん。

カメラマンは旦那さんだそうです。

ほのぼのとしていて心癒されます^^

トミックスの公式サイトで新製品情報を見ていたら気になる新製品がいくつかあったのですが、ちょうど鈴川絢子チャンネルでもその新製品がレポートされていました。

トミーテック新製品展示会2017年11月:


レールなんかの錆(さび)を簡単に表現できるペイントマーカーは、なかなか使い勝手が良さそうですね。

ただ鈴川さんもレポートされているとおり、ある程度のセンスが要求されそうです。

それにペイントマーカーだと色を塗りやすい反面、なんとなく塗装面がのっぺりしてしまいそうですので、自然に見せるにはそれなりのテクニックも求められるでしょうか。

そして今回のトミーテックの新製品で一番気になったのは、シーナリー防水コートです。

その名の通り、水面表現をしたい箇所に防水下地として遣うものなのですが、なんとなくピンと来ず。

あえて新製品として出すほどのモノなのかどうか。

今回映像で確認してみると、なるほど、実際に水をそのまま張るんですね。

公式サイトの情報にもそう書いてはあるのですが、ちょっと信じがたい事でもあったので。

リアリスティックウォーターやエポキシ樹脂のように粘度が無く、ずっと液体のままなので、これまで以上の高い防水性能が求められるということでしょうか。

しかし水面を本物の水で表現するというのは、けっこう需要があるものなんですかね。

たしかにこれ以上ない位にリアルな水面ができるとは思いますが、ある程度大きな川や湖なんかを作ってしまうと、大きな地震でも来たときにはレイアウト上でも大災害が起きそうです(笑)。

もちろん我が家のような立て掛け式レイアウトは最初から論外ですね。

レイアウトに取り入れるには揺れ対策(水のこぼれ対策)も講じる必要がありそうです。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

posted by 模型鉄 at 23:03 | Comment(0) | 鉄道模型動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

久しぶりにレイアウトの走行を楽しむ

最近はレイアウトの地形作りばっかりで全然車両を走らせていなかったので、久しぶりに作業を休んで列車の運転を楽しんでみました。

レイアウト走行

車両は500系(プラレールカー)、東武100系スペーシア、きかんしゃトーマス、D51+ばんえつ物語号です。

スペーシアはスカイツリーカラーも良いのですが、個人的にはやはり前のこのカラーが好きです。

でもこうやってみるとコーラルオレンジと区別がつきにくいかも?

500系もプラレールラッピングがしてあるのですが、まあ分からないですね(笑)。

レイアウトを走らせるのはホント久しぶりなのですが、やっぱり良いですね。

こんな不出来なレイアウトでも車両が走っている姿というのは美しいものです。

ただ、きかんしゃトーマスの走行だけがなぜか安定せずギクシャクした走り。

以前にも同様の症状が出たときギアに油をさして復活させたのですが、どうもその油が汚れを呼び込んでしまったようで、分解してみるとギアや集電部分がかなり汚れてしまっていました。

とりあえず今回は油はささず集電部分の汚れを丁寧に拭き取るだけにしたのですが、試しに走らせてみると無事スムーズな走行を取りもどしてくれました。

やはりオイルというのは使いすぎ厳禁ですね。

そのあとはもう一日中走る列車を眺めたおしていました。

作業の疲れが吹き飛んだ気がします。

今日もご覧いただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:トーマス
posted by 模型鉄 at 23:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

山の地形作り その4 山の一部を取り外せるようにする

今回は一部取り外し式の山の地形を作っていきます。

山の一部を可動式にする
山を3分割にして考えてみました。

山全体ではなく右下の部分だけメンテナンス用に取り外せるようにします。

山全体だと大きすぎてレイアウトを立て掛けたときに不安なので。

あと左下の箇所だけ土台の高さが違うので、そこでは高さ調整が必要となります。

IMG_7268.jpg
まず3枚のボードを設置。

IMG_7324.jpg
さらに左下の部分にもう一枚ボードを乗せ、コレで土台部分はひとまずOKです。

IMG_7335.jpg
全体に大きな一枚板を被せてみました。

この上は一枚板を重ねていって地形を形成し、最終的に取り外す部分だけをカットするようにします。

最初から分割状態で作っていくと上手くかみ合わなくなる恐れがあるので。

IMG_7338.jpg
こんな感じで山の一部を外せるようにします。

あとはどうやって切れ目を目立たなくするかですが、大量の植林でなんとかごまかせないかと考え中です。

今日もご覧いただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:山作り
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村