2018年05月18日

地面の緑化に使う素材を揃えてみた

山を緑化していきたいのですが、その前に地面を処理した方が良さそうなので、まずは地面の緑化に使う素材を揃えてみました。

IMG_8516.jpg
トミックスのカラーパウダー3色(左からダークグリーン、グリーン、ライトグリーンミックス)。

なぜライトグリーンだけミックスになっているのかは分かりませんが、今回は春のテーマなので、カラーパウダーの中ではこの色をメインに使う事になりそうです。

IMG_8520.jpg
カトーのターフ3色(左から草色、若草色、緑褐色)。

こちらもパウダー状の細かい素材なのですが、スポンジ素材なのでトミックスの物に比べてふんわりとしています。

まずトミックスのカラーパウダーを撒いてからターフを乗せていくのが良いのかなと思っています。

こちらは緑褐色と若草色がメインになりそうです。


ちなみにこのターフ、手に入れるまでにスゴイ時間がかかりました。

アマゾンで注文したのですが、購入したときには発送予定が約2週間後になっていました。

まあ別に急いでないし良いかと思いそのまま注文を確定。

ところが、2週間経っても商品は発送されず、発送時期がさらに2週間後になるという連絡が来ました。

まあ別に急いでないし良いかと思いそのまま放置。

ところが、2週間経っても商品は発送されず、発送時期がさらに2週間後になるという連絡が来ました。

。。。

これはもう永遠に商品が届く事は無いのだろうと判断し(笑)、やむを得ずアマゾンでの注文はキャンセルとする事に。

代わりに毎度お世話になっているヨドバシさんに発注し、2日後、無事に入手できました。

自分から注文した商品をキャンセルする事は原則したくないのですが、今回ばかりは流石に…ね。

IMG_8524.jpg
カトーのコースターフ2色(緑色と明緑色)。

ターフよりも粒が大きいスポンジ素材です。

ターフの上に乗せて丈の長い草地を表現する予定です。

IMG_8538.jpg
カトーの「日本の草はらシリーズ」。

一通りセットになったスタートセットと、単品で萌黄色を購入しました。

日本の草はらは静電気を利用して立った芝生を表現出来る製品です。

カトーが以前から販売しているNOCH製の芝生の達人(GRAS MASTER)のような製品ですが、芝生の達人よりも値段が安く扱いも簡単です。

その分効果の方も劣るでしょうが、まあ個人的にはコレで充分かなと。

それよりも問題は他の芝素材と上手く共存できるか(させられるか)です。

その辺は前もって色々試してみます。

IMG_8532.jpg
その他、地面の緑化作業に使うかどうかは分かりませんが、カトーとトミックスのフォーリッジ、ウッドランドのアンダーブッシュ。

カトーのフォーリッジはネットに細かいスポンジ粒をからめたモノですが、トミックスのフォーリッジはネット状ではなくスポンジ粒のみで、ウッドランドのアンダーブッシュも同様です。

見た目的にはトミックスのフォーリッジとウッドランドのアンダーブッシュの区別が全く付きません。

さらに言うと、コースターフとの違いも良く分かりません。。

まあ、コースターフが足りなくなった場合の代用品位に考えておこうかと思います。


緑化作業はやり直しはきかなそうなので、事前に入念なテストをしてから本番に入る事にします。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:緑化
posted by 模型鉄 at 00:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

トミックス0系フレッシュグリーンがリニューアル製品化とその他もろもろ

去年から今年にかけて、自分史上例を見ない程の金欠状態が続いているのですが、そんな時に限って魅力的な新製品が次々に投入されやがります(笑)。

とりあえず購入出来るかどうかは別として、気になる新製品を備忘録的にまとめてみました。

まずはトミックス。
http://www.tomytec.co.jp/tomix/

2018年5月発売予定:
JRディーゼルカー キハ40-2000形(ベル・モンターニュ・エ・メール〜べるもんた〜)

2018年6月発売予定:
JR キハ120-300形ディーゼルカー(三江線・三江線神楽号)セット
JR 209-2200系通勤電車(BOSO BICYCLE BASE)セット

2018年10月発売予定:
JR 0-7000系山陽新幹線(フレッシュグリーン)セット
JR 0-7000系山陽新幹線(復活国鉄色)セット
JR キハ40形ディーゼルカー(鬼太郎列車・ねこ娘列車)セット

0系フレッシュグリーンはなんとか手に入れたいですね。

中古市場ではなかなかのぼったくりプレミア価格になっちゃってますし、限定ではないので今後の再生産も期待できますが、買えるときに買っておきたいところです。

三江線神楽号セットは限定品なので多少無理してでも…とは思っています。

今年廃線になった三江線ですが、今さらながらに興味が沸いてきています。

そういえば、TRAIN SUITE 四季島はどこいっちゃったんでしょうか。

トミックスのホームページでは相変わらず2018年春の発売予定になってますが、さすがにもう間に合わないでしょう(笑)。

今月中に発売できればギリで春と言えなくもないですが。


続いてKATO。
http://www.katomodels.com/

2018年5月発売予定:
オリエントエクスプレス’88 7両基本セット
鹿島臨海鉄道6006 ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車4号車 【特別企画品】

2018年6月発売予定:
D51 498 オリエントエクスプレス'88

2018年9月発売予定:
IRいしかわ鉄道521系(古代紫系) 2両セット
IRいしかわ鉄道521系(藍系) 2両セット

カトーの方は幸いにしてと言うかそれほど欲しい物は無いのですが、是が非でも手に入れておきたいのはD51のオリエントエクスプレス仕様

以前所有していたのですが金欠の時に手放してしまいずっと後悔していました。

IRいしかわ鉄道は以前金沢に旅行したときに乗ったので、記念に1セット位持っておきたいなぁと思っています。

限定品では無いのですが、あまり再生産が期待できるような車両でも無さそうですし。


こうしてまとめてみると結構ありますね。

全部買うのはとても無理だと思いますし、もうすでに手遅れになりそうなものもチラホラ。

貧乏って嫌ですね。。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

タグ:新製品情報
posted by 模型鉄 at 23:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

山間部をカラージェッソで下地処理

かねてからの念願だった緑化作業に一歩ずつ前進しております。

今回の作業は緑化予定の山間部に、下地処理としてカラージェッソで塗装する事です。

IMG_8337.jpg
塗装の前段階として、ワンタイムパテでスタイロフォームの目止め処理をしています。

ジェッソを塗った後の質感がすごく良くなります。

最終的にクランプフォーリッジで埋めてしまう事を考えれば、全く必要のない作業ではあるのですが、なんとなく気分的なものです。

IMG_8379.jpg
下地として使うカラージェッソにはホルベインのテールベルトを使用しました。

ホルベインのカラージェッソは同じ容量でも4通り位の価格設定があるのですが、このテールベルトは一番安い部類に入っていて、300mlが800円弱で買えます。

緑系の色で一番安い価格帯がこのテールベルトだけだったので選びました。

ちなみに以前使ったバーントアンバーも同じ値段で買えます。

で、塗り終わった状態がコチラ↓
IMG_8388.jpg

IMG_8400.jpg

IMG_8401.jpg

IMG_8404.jpg
ただ緑色に塗っただけなのですが、やっぱり色が入ると良いですね。

ジェッソは最初原液のまま使っていたのですが、途中から原液状態ではらちが明かないなと感じ始め、ごく少量の水を混ぜながら塗っていきました。

特に厚めに塗った訳でもないのですが、1回塗りで充分そうです。

この後の作業としては、まず地面の部分をトミックスのカラーパウダーやカトーのターフで緑化、それから山にクランプフォーリッジを貼り付けていく流れになると思います。

楽しみです^^

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村