2017年07月20日

北海道新幹線で函館へ

先日、北海道新幹線で函館へ旅行に行ってきました。

新函館北斗駅
新函館北斗駅。

駅名で最後まで揉めた駅ですね。

新幹線計画で一番難しいのは、営業速度でも用地買収でもトンネルの掘削でもなく、駅名だそうです(笑)。

ちなみにこの駅、”途中駅感”がハンパないですね。

現在は函館駅への”乗換駅”ですし、北海道新幹線が札幌まで延伸されれば”通過駅”になってしまうからでしょうが、もうそーゆー前提で作ってます!っていう感じが前面に出てます。

函館市電ハイカラ號
こちらは函館市電。

運良く「ハイカラ號」に乗ることが出来ました。

函館ハイカラ號の台車
このハイカラ號、台車が一つしかない!?

道理でというか、乗ってるともの凄い揺れました。

東京に住んでると揺れる電車に乗ること自体が稀なので余計に感じるのかも知れませんが、それにしてもすごい揺れ方でしたよ(笑)。

道南いさりび鉄道
函館駅で撮影した道南いさりび鉄道。

道南いさりび鉄道
スゴイきらびやかで、最初見たときは観光列車かと思ったのですが、乗客はほぼ100%通勤・通学客でした。

フツウの列車として運行されているんですね。

函館本線キハ183系
コレはキハ183系かな。

大沼駅で撮影しました。

大沼公園駅
大沼公園駅。

とてもキレイな場所です。

大沼だんご
大沼公園名物の大沼だんご。

車内でいただきましたが、とても美味しかったです。

ちなみにコレは「みたらし+黒ごま」ですが、「みたらし+あんこ」もあります。

個人的には黒ごまがオススメ。

函館本線の無人駅の踏切
函館本線の駅はほとんどが無人駅だと思うのですが、それらの駅のホームには踏切が設置されていました。

駅というのはこーゆーところでもお金がかかり、結果、鉄道会社としては廃止したいとなるんでしょうね。

JR北海道、頑張って欲しいです。


今日もご覧いただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

posted by 模型鉄 at 22:52 | Comment(0) | 鉄道旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

D.C.フィーダーを取り付ける

レールの敷設と固定が終わったらあとは電動ポイントとD.C.フィーダーの配線を済ませるだけです。

フィーダー線を通す穴を開ける
フィーダーとポイントの電気コードを通す穴は電動ドリルで開けました。

予備フィーダー
念のため予備フィーダーも取り付けます。

レイアウトの都合上、坂道の途中に予備フィーダーを取り付けることになってしまいました。

フィーダー線の配置
フィーダー線の配置はこんな感じです。

それぞれの路線に2個ずつフィーダーをつけたことになります。

ちなみに今回のレイアウトはほとんどポイントが無いので、電圧降下対策としての予備フィーダーは必要なかったと思います。

それでもあえて予備を付けたのは、”フィーダーの接触が悪い”という別の問題があったからです。

思えば今回使用したほとんどのレールは20年以上前に購入したモノで、DCフィーダーも半分くらいは当時のモノです。

そのせいもあってか、フィーダー1個だと時々接触不良というか通電不良を起こすことがあったんですね。

その対策として、予備フィーダーを取り付けた次第です。

まあ、2つあればどっちかは上手く通電しくれるだろうと。


そしてコントローラーへの配線はレイアウトを立てた状態で行いました。
レイアウトを立て掛けた状態
電気系統の配線はレイアウトの下に潜り込んでの大変な作業になる事が多いらしいので、立て掛け式のレイアウトはこーゆー時には楽です。

ちなみに床の凹凸を吸収するためにウレタンスポンジを貼っているのですが(詳しくはコチラ)、奇しくもそれが上手くリード線を通すスペースを作ってくれています。

ポイント用延長コード
まず離れたところにあるポイントはポイント用延長コードを使って接続。

問題はフィーダーの配線ですが、これもポイント用の延長コードを利用することにしました。

レイアウト裏の配線
ポイント用の延長コードが2つ余っていたので、これに3線分計6本のフィーダーを取り付けます。

ポイント用とは言っても、やってることはリード線をリレーさせているだけなので、当然フィーダー線の延長コードとしても使えるわけです。(現行のコネクタ式のモノでは難しいでしょうが)

現在の製品では予備フィーダー用の分岐コネクタというものがあるそうですが、昔の製品なので同じ接続穴にメインと予備で2本の線を差し込みます。

このときフィーダーの短辺側、長辺側をきちんと合わせるように注意。

間違えるとショートして電源が入らないか、すぐにコントローラーのブレーカーが落ちます。

IMG_6371.jpg
ポイント用延長コードはちょうど3色あるので、それぞれの路線毎に色分けして接続しました。

電気系統の接続が完了
そしてすべてのフィーダー及び電動ポイントの接続が完了。

無事動いてこれました。

今日もご覧いただき有難うございました。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

2017年07月15日

レールの接着作業とレイアウトの立て掛け実験

前回まででレールの敷設作業は完了したのですが、今回のレイアウトの肝はなんと言っても立て掛け可能なことです。

レイアウトを使わないときにはレイアウト全体を立てて置くためですが、そのためにはレール及び橋脚などを完全に土台に接着(固着)する必要があります。

そこで使用したのがコチラです。
グルーガン(ホットボンド)
グルーガンとかホットボンドとかメルトなんとかとか、いろいろ呼び名はあるようですが、要はスティック状の固形のりを熱で溶かしながら利用するモノです。

今回使用した製品名は太洋電機産業の「goot HB-45」。

もともとサブテレインの固定用に購入したのですが、今回のレイアウト製作において八面六臂の大活躍をしてくれました。

コレを使ってまずはレールを土台のスタイロフォームに接着していきます。
ホットボンドでレールをスタイロフォームに固定
やり方は敷設したレールが動かないように押さえながら、レールとスタイロフォームの境目に沿ってホットボンドを塗っていきます。

レールとスタイロフォームを”面”で接着するのではなく、”線”で接着させるということですね。

レイアウト製作ではレールを土台と面で接着させるのが一般的らしいですが、このやり方でも充分な接着強度が得られますし(事前に実験済み)、なによりこの方法ならではのメリットがいくつかあります。

まず、レールと土台の境界に糊を流してるだけなので、いざというとき剥がす事も可能です。

ここが絶妙なのですが、ホットボンドの糊というのは”剥がれやすく”はないのですが、意外と”剥がしやすく”はあるんですね。

スバラシイ。


そして、これはワタクシのような不器用人間にしか関係ないハナシかも知れませんが、面での接着ってスゲぇ難しいし面倒くさいんです。

面で接着するにはレールを一旦土台から離し、接着剤を塗布した後にまた元の位置に戻すわけですが、正直コレを寸分の狂いなくやる自信がないんです。

たとえマーカーでケガいておこうが、絶対に微妙なズレを出してしまう自信があります(笑)。

道床付きレールでも多少の遊びをもって作られているので、多少歪んでもジョイントできてしまうわけですが、そこが逆にネックとなるんです。

それに比べ、線で接着する方法ならその心配がいりません。

直線・曲線が歪みなくジョイントされているのをしっかりと確認したら、KATOの釘で仮留めし、レールが浮かないように手で押さえながらホットボンドを流すだけ。

なんとも安心な方法です。

ちなみに、レールを真っ直ぐにジョイントするだけでエライ時間がかかりました。。

ホットボンドでスタイロに固定したレール
そうやってスタイロフォームに固定したレールがこちらなのですが、これだけ汚くても遠目にはほとんど分かりません(笑)。

スティック糊の色は何種類かあり、最初茶色の糊を使えば道床と溶け込んで良いかなと思ったのですが、事前に実験してみた結果、上手く塗れなかった場合にかなり汚く目立ってしまうということで、色はクリア(透明)を使用することにしました。

結果は大正解です。


また、スタイロフォームがホットボンドの熱で溶けないのかという心配があるかも知れませんが、グルーガンの先端を押しつけなければ大丈夫です。

きちんと糊を押し出しながら作業をすれば、糊がグルーガンとスタイロとの間の緩衝材のような役目をしてくれますし、糊自体の熱でスタイロフォームが溶けるということはありませんでした。

逆に糊がきちんと出ない状態でグルーガンをあててしまうと、軽く溶けます。

電源を入れて間もない時や長時間使った時など、糊が出にくくなっている時には注意が必要ですね。

橋の橋脚をホットボンドで固定
橋の橋脚などもホットボンドで土台のベニヤ板にしっかり固定しています。

方法はレールの場合と同じで、橋脚を設置した後でベニヤとの境目にホットボンドをたっぷり流し込んでます。

ちなみに土台のスタイロフォームとベニヤ板とは、発泡スチロール用の接着剤で固定しています。
(一部はホットボンドで補強)

そうして全ての接着が終わったら、いよいよレイアウト全体を立て掛けてみます。

正直ホントに立てることが出来るのか?と半信半疑での作業だったのですが、おそるおそるレイアウトを持ち上げてみると…

立て掛けたレイアウト
無事に立て掛け成功!(左側が壁です)

自立しているので、立て掛けというよりかは縦置きと言った方が良いのでしょうか。

立て掛けたレイアウトを上から見る
立てたレイアウトを上から見た様子です。

橋の部分もしっかりと安定しています。

こうしてレールの固定作業も完了となりました。

レイアウト全体の重さも、レール敷設前と比べればさすがに重くなってはいますが、持ち上げるには充分な許容範囲です。

問題はこのあとのシーナリー作業でどれだけ軽量化が図れるかですが。。

まあ、しばらくはこのままの状態で列車の走行をひたすら楽しもうと思っています。

今日もご覧いただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。ツワモノぞろいです。。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

posted by 模型鉄 at 23:27 | Comment(0) | レイアウト作り(レール敷設編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村